今人気のVIO脱毛とは?実は知らない詳しい情報

VIO脱毛のご案内

むだ毛の処理によって出来た黒ずみ、ムレやニオイなど、デリケートゾーンでのトラブルはなかなか女同士でも相談できません。VIO脱毛で水着や下着を美しく着こなせる、美しいデリケートゾーンを手に入れませんか?

VIOってどこの部位?

V ライン

正面から見て、脚の付け根のVの字の部分のことをVラインといいます。
下着や水着を着た時に、このVラインの毛がはみ出ているのは気になります。VIOの中では比較的自己処理がしやすい部位です。好みの下着や水着を着るためには必須といえるでしょう。

I ライン

Iラインは性器の左右両側の部分を指します。
自分では確認しづらい部分なので自己処理も難しい部位です。夏や生理中は蒸れやにおい、かぶれ等の問題が発生することもあるので清潔に保つことが大切です。
Tバックのような細い下着を着用する際はチェックしておきたい部位ではないでしょうか。

O ライン

肛門周りの部位を指すのがOラインです。
自分で見ることはまずない部位ですが、衛星面を考えると大切な部位と言えるでしょう。排泄物の付着等の可能性があるからです。日本の女性は無毛の方が多いようですが念のためチェックしておきましょう。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛はビキニライン、i.oラインのむだ毛を脱毛するメリットとしては皮脂や汗、分泌物といったものが体毛に付着し、とどまるという事がなくなりますので、デリケートな部分を清潔に保つ事ができますので、生理中のムレや不快感、かぶれを防ぐことが出来ます。

また、下着や水着からむだ毛がはみ出るといった心配も無くなりますのでオシャレの幅も広がり、水泳などを行う際にも気になる事がなくなります。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリットとしては、他の部分より皮膚の薄い部分ですのでI部分などは痛みが強いですが、事前のテスト照射で我慢できない痛みであれば麻酔などで対処できます。また、施術時の格好が最初は抵抗がある方もいらっしゃいます。

VIOラインの自己処理について

VIOラインは大変デリケートな部位ですので衛生面の管理がとても重要になってきます。自己処理の方法としてはカミソリや毛抜きなどがありますが、どちらも出血や雑菌に注意が必要です。カミソリを使って自己処理をしていても数日で生えてきてしまいますし、毛と一緒に肌の表面を削りとってしまい炎症を起こす可能性があります。

また毛抜きの場合は他の部位に比べて、さらに痛みが強いのもデメリットと言えます。またI.Oラインに関しては、自分で確認することが難しいので自己処理に適していません。安易に自己処理を繰り返すことで、感染症、色素沈着などのトラブルが起こりやすいので、しっかりとしたクリニックで脱毛の施術を受けることをオススメします。

デリケートな部分の痛みについて

痛みについては個人差が大きい為、同じ部位、同じマシンで処置しても痛みの度合いが違うため、一概にお答えする事が出来ませんが 出来うる限り痛みを軽減するための機材選び、照射方法を検討し、どうしても辛い場合は麻酔クリームの使用も検討する必要があります。

TOPへ戻る