医療レーザー脱毛の流れを知ろう

カウンセリング・診察

まずはカウンセリングの予約をします。
クリニックによっては無料で行なっているところもありますので要チェック!。カウンセリングでは、脱毛を希望する部位や毛量、毛質、肌質をチェックします。毛質、肌質には個人差がありますので、ドクターが実際に確認してその人に合った施術の可否やレーザー機器の種類等を決定することになります。ドクターから施術の詳しい説明を受け、納得した上で受けるかどうか決定することができます。クリニックにもよりますが、カウンセリング時にテスト照射を行なってくれるところもあります。

悩みや疑問点、不安要素はここで解消しておきましょう。
カウンセリングがしっかりしていないクリニックで施術を受けるのは避けるのが賢明です。
時間がかかっても自分自身が納得して施術をまかせられるクリニックを見つけましょう。

施術前の注意

カウンセリング時にドクターから施術前の注意点を聞くことになるはずですが、ここでまとめておきます。

・日焼けに注意する
日焼けした肌にレーザーを当てると熱傷などの原因となりますので、日焼けは極力避けるようにしましょう。

・施術前のムダ毛処理に注意
レーザー脱毛の場合、針脱毛と違って毛をのばしておく必要はありません。しかし、毛根を残しておく必要はあるので毛抜きやワックスなどによる自己処理は避け、カミソリで剃る程度にしておきましょう。

・皮膚の状態に注意
皮膚疾患や湿疹等があるとき脱毛できない場合があるので注意しましょう。

レーザー照射

施術当日は患部を隠すことができる服装で来院しましょう。
これは脱毛後に紫外線を避けるためです。来院して受付後に、患部のムダ毛をカミソリで処理します。レーザーから目を保護するためのゴーグルを着用します。肌のメラニン量を測定、脱毛部位をマーキングし、レーザー照射準備完了です。

レーザーを照射。
肌の保護、痛みの軽減のための冷却方法はクリニックによって多少違う場合もありますが、患部に冷却ジェルを塗るところがほとんどです。
さらに痛みが強い場合は麻酔をすることも可能です。

照射後はアイスパックで患部を冷やし消炎剤を塗布し終了です。

施術後の注意・ケア

レーザー照射後に赤みが残る場合もありますが、ほとんどが数日で消えるので心配ありません。術後当日からシャワーは可能ですが、熱がこもるのを避けるために入浴は控えましょう。

飲酒や運動も当日は避けた方がよいです。先にも述べましたが、術後一週間は紫外線に注意して、日焼けをしないようにしましょう。

TOPへ戻る