自己処理もここまで出来るようになった?家庭用脱毛器と自己処理

家庭用脱毛器とは?

数年前までは、電動式のローラーで無駄毛を挟んで脱毛をするといった、肌を傷つけやすい機器しかありませんでしたが、最近では自宅でも、サロンで扱うような評判のあるレーザー機器や光脱毛器を使って全身脱毛をすることができます。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットは、サロンや皮膚科などに通わずに、自宅でできることが最大のメリットです。エステサロンに通わないことで、金額の面でかなり安く始めることができ、わざわざ通う時間も省くこともできますし、他人に肌を見せるのが嫌な人にとっては良い選択肢だと思います。

家庭用脱毛器のデメリット

デメリットとしては、効果が高くないというのが一番大きいです。
皮膚科などで扱っている機器は、医師しか扱うことのできない評判の高い機器ということもあり、パワーが強いものを揃えています。家庭用脱毛器は、効果が高くないので、比較的すぐに無駄毛が生えてきてしまうので、こまめに継続して行える人にとっては合っていると思います。ただ、本体の機器だけではなく、カートリッジを交換する費用なども発生する為、長期で行う場合は、エステサロンより費用がかかるケースもあります。

評判のいい皮膚科で定期的に治療を行えば、自己処理がほとんどしなくても良い状態になることも少なく長い目で見れば、一番費用対効果が良くなることも多いです。

また、家庭用脱毛器の場合、使用する機器にもよりますが、機器の出力が強いものほど、痛みが発生します。痛いのが我慢できず、機器をすぐに買いなおすのも勿体ないので、検討する際は、どのくらい痛くても大丈夫か、評判などもしっかりと調べ、可能であれば体験などを検討してみても良いでしょう。

自分で機器を扱うので万が一、痛みが続いたり、肌トラブルが起きた時には、まず自分で対処しなければなりません。自分で無理だったら皮膚科などに行く必要があります。

メリット・デメリットを考慮に入れながら、一番最適な方法を選択してみましょう。

カミソリやシェーバーで剃る

もっとも一般的な脱毛方法がカミソリやシェーバー等による剃毛です。広範囲を短時間ででき安価ですので、もっともお手軽な方法と言えます。

しかし、剃ってもすぐ生えてきてしまうのが難点です。その上、新しく生えてきた毛の先端が平らに切断された状態なので、以前より太く濃い毛が生えてきたように見えてしまいます。見た目だけでなくチクチクして手触りも悪いものです。カミソリで剃るのは、簡単で安全なように思えますが、実際には毛を剃る時に皮膚の表面の角質層を傷つけています。そのため皮膚に炎症を起こす可能性があります。いわゆるカミソリ負けと言われるものですが、慢性化しやすく色素沈着を起こすことがあるので注意が必要です。特に毛の生えている方向と逆方向に剃る逆剃りは毛穴を傷つけるので、やめましょう。

カミソリでムダ毛処理する場合は、剃った後に化粧水やクリームなどで肌に潤いを与えることを忘れないでください。シェーバーもカミソリと比べると肌への負担を軽減するように作られてはいますが、基本的な原理は同じなのでカミソリで剃る時と同じようにアフターケアをしっかりするようにしましょう。

毛抜きで抜く

毛抜きによる処理は、カミソリと比べると仕上がりがキレイなところがポイントです。また効果が長持ちすることもメリットの一つでしょう。毛抜き一つあればできるので手軽な方法といえますが、処理をするのに一本一本抜かなければならず時間がかかってしまいます。

さらに毛を抜く時の「痛み」も大きな欠点です。なるべく毛の流れている方向に抜くことで少し痛みを軽くすることができるでしょう。処理後のトラブルとしては、皮膚が引っ張られて盛り上がり鳥肌のようになってしまったり、皮膚が毛よりも早く再生して皮膚の下で毛が育ってしまう埋没毛が挙げられます。

また抜いたところに雑菌が入って化膿したり、皮膚の組織と毛が衝突して毛のう炎を起こしてしまうことがあります。雑菌が多いバスルームでの処理は避け、処理後は冷たいタオルで冷やし、もし血が出てしまうなど肌を傷つけてしまった時は消毒するなどのケアをしっかりすることが大切です。

他にもワックスやテープによる毛を抜く脱毛方法があり、毛抜きと比べると広範囲を一気に脱毛できるのが利点ですが、同じように埋没毛などのトラブルを招く恐れがあります。これら毛を抜く脱毛法は肌への負担が大きいのであまりおすすめできません。もし行う時は細心の注意をはらって行なってください。

クリームやムース等、薬剤で溶かす

これは体毛の成分であるタンパク質を薬剤等で溶かして脱毛する方法です。毛を溶かすのでカミソリのように断面がチクチクすることはなく、自然な感じに仕上がります。比較的短時間で広範囲を処理でき、痛みもほとんどないのが利点と言えます。

しかし、皮膚表面の除毛にすぎないので、すぐにまた生えてきてしまうのはカミソリと変わりません。

また、体毛のタンパク質を溶かすということは、同時に皮膚の表面も溶かしてしまうことになります。そのため肌が荒れる原因になりかねません。人によっては、これが原因で炎症をおこしたり、かぶれたりすることがあります。

独特の刺激臭があるのも、気になる人にとってはデメリットと言えるでしょう。脱毛クリームや除毛剤は肌への刺激が強いので、頻繁に使用するのは考えものです。
使うときには使用書をよく読んで使用時間等の注意事項をきちんと守ってください。また使用前にパッチテストを行うことをわすれないようにしましょう。

永久脱毛できる除毛クリームにはご注意を!

むやみな使用は控えましょう

除毛クリームには様々なタイプがあります。
ジェルタイプ・ローションタイプ・乳液タイプなど。これらはドラックストアで簡単に手に入りますよね。

だからといってむやみに遣い過ぎるのは肌に良くありません。直接肌に塗るものなので、敏感肌の方は使用を控えた方がいいそうです。
またその脱毛効果に関しても、確実に保証されているものではないですし、使用できる箇所なども除毛クリームによって異なります。

このような現状がありますので、できれば使用を控え、クリニックやサロンで永久脱毛を行った方が、お肌のためだと思います。

つるつるお肌を家での永久脱毛で手に入れましょう!

永久脱毛を家で行っている人はどのくらいいるのでしょうか。
学生だからサロンに通いにくい、自宅でエステを楽しみたい、人前で脱毛するのは恥ずかしい、料金が高い…などの理由から、家での永久脱毛を行う人が増えてきたようです。

しかし家での永久脱毛はあまり一般的な方法ではありません。無駄毛が気になる方がまず行うのは、カミソリ・毛抜き・除毛剤での自己処理です。これらの方法では、数日間だけ毛が見えなくなっているだけで、完全になくなっているわけではありません。また、よく言われているように、カミソリや毛抜きでの処理は、肌への負担が大きいので、つるつるの美肌になることはできません。

TOPへ戻る